広大地サポート

「広大地評価」の適用を受けられるか否かの判断は、明らかにマンション適地か、一般的に路地状開発が行われているかなど、不動産の専門家でも難しい判定となります。評価対象地がマンション適地か否か、公共公益的施設用地(開発道路)の負担をどのように判断するかは不動産のプロでも迷うところです。それは、対象物件の個別性及び物件の所在する地域の特性だけではなく、社会的・経済的・行政的条件よって判断しなければならないからです。
弊社では、不動産専門家として、何が最適地なのかを判定することが可能です。
 
【1】 広大地意見書作成
 
【2】 土地利用計画平面図作成サポート
 
【3】 広大地セカンドオピニオン
 
FAXからのお申込みはこちら
 
PCからのお申込みはこちら